選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

タイヤル族男子の凱旋衣

タイヤル族男子の凱旋衣

L 38cm × W 38cm , 19世紀後半から20世紀初頭

タイヤル族の袖なしの短衣をrattanと呼び、首狩りに成功して帰還した勇士を祝って着せる「凱旋衣」であるため、独特な形式をしています。凱旋衣は通常、集落の住民が首狩りに成功したという知らせを得た後、勇士が集落に到着した後にその家族のメンバーが準備して着せてやるもので、家族のメンバーや部族の仲間の祝いを受けることで、その社会的な身分を象徴する意義を具えています。基本形は袖がなく、襟もなく、襟は対象でボタンもなく、主に赤色で白や黒などの簡単な線が織り込まれます。衣や襟の縁や襟面の装飾に白磁のボタンが配され、もし白い円形の貝殻が配された場合はさらに貴い身分とされ、これまでに何度か首狩りを成功射せた者か頭目、族長にしか着用が許されません。このほかに、短衣の背面に狩った敵の毛髪を編みこんだ飾りを配す者もいおり、これも武勇を象徴します。

人類学

タイヤル族男子の凱旋衣

タイヤル族男子の凱旋衣

L 38cm × W 38cm , 19世紀後半から20世紀初頭

タイヤル族の袖なしの短衣をrattanと呼び、首狩りに成功して帰還した勇士を祝って着せる「凱旋衣」であるため、独特な形式をしています。凱旋衣は通常、集落の住民が首狩りに成功したという知らせを得た後、勇士が集落に到着した後にその家族のメンバーが準備して着せてやるもので、家族のメンバーや部族の仲間の祝いを受けることで、その社会的な身分を象徴する意義を具えています。基本形は袖がなく、襟もなく、襟は対象でボタンもなく、主に赤色で白や黒などの簡単な線が織り込まれます。衣や襟の縁や襟面の装飾に白磁のボタンが配され、もし白い円形の貝殻が配された場合はさらに貴い身分とされ、これまでに何度か首狩りを成功射せた者か頭目、族長にしか着用が許されません。このほかに、短衣の背面に狩った敵の毛髪を編みこんだ飾りを配す者もいおり、これも武勇を象徴します。