選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

「左鎮人」の頭蓋骨の化石

「左鎮人」の頭蓋骨の化石

7.8cm × 8cm , 更新世後期 25000 年前.

「左鎮人」は、これまでに発見された台湾で最も古い旧石器時代の化石人類です。約二万五千年前、旧石器時代更新世晚期のホモサピエンスに属し、現代人と同種で、台南県左鎮の菜寮渓流域で出土したことからこの名がつけられました。頭蓋骨と歯の化石のほかに、中国大陸華南地区の古い動物の化石も数多く発見されたことから、更新世冰河期の時、台湾と中国大陸は陸続きで、動物の群が華南から台湾に移ってきたのに伴い、旧石器時代の人類もやってきたことで、台湾における旧石器時代の史前文化の幕が開けたと推測されています。

「左鎮人」の化石は、偶然発見されました。1971年、地質学者の林朝棨と考古学者の宋文薰、台湾省立博物館館長の劉衍ら一行が、台南を訪れてを菜寮渓で発現されたサイの化石を発掘・鑑定した際、民間のコレクターの古生物や考古学の標本も参観しましたが、このコレクションのなかに初めての人類の頭蓋骨の化石が含まれていたことがわかりました。その後、菜寮渓の河床で人類の頭蓋骨や歯の化石が相次いで見つかり、台湾省立博物館の劉衍館長、賴景陽氏、国立台湾大学の宋文薰教授、連照美教授らが前後してこの人類の頭蓋骨や歯の化石における古生物学、地質学、考古学的の意義に関する文章を発表しました。また、日本人学者の鹿間時夫、大塚裕之、馬場悠男らも人並対発現的 頭蓋骨の化石に対する体質人類学に則った解剖や研究を行いました。これらの研究や関連する旧石器時代の考古学上の発現(長浜文化など)は世界的に重視され、台湾で旧石器時代に人類が活動していたことを証明するものとなりました。

人類学

「左鎮人」の頭蓋骨の化石

「左鎮人」の頭蓋骨の化石

7.8cm × 8cm , 更新世後期 25000 年前.

「左鎮人」は、これまでに発見された台湾で最も古い旧石器時代の化石人類です。約二万五千年前、旧石器時代更新世晚期のホモサピエンスに属し、現代人と同種で、台南県左鎮の菜寮渓流域で出土したことからこの名がつけられました。頭蓋骨と歯の化石のほかに、中国大陸華南地区の古い動物の化石も数多く発見されたことから、更新世冰河期の時、台湾と中国大陸は陸続きで、動物の群が華南から台湾に移ってきたのに伴い、旧石器時代の人類もやってきたことで、台湾における旧石器時代の史前文化の幕が開けたと推測されています。

「左鎮人」の化石は、偶然発見されました。1971年、地質学者の林朝棨と考古学者の宋文薰、台湾省立博物館館長の劉衍ら一行が、台南を訪れてを菜寮渓で発現されたサイの化石を発掘・鑑定した際、民間のコレクターの古生物や考古学の標本も参観しましたが、このコレクションのなかに初めての人類の頭蓋骨の化石が含まれていたことがわかりました。その後、菜寮渓の河床で人類の頭蓋骨や歯の化石が相次いで見つかり、台湾省立博物館の劉衍館長、賴景陽氏、国立台湾大学の宋文薰教授、連照美教授らが前後してこの人類の頭蓋骨や歯の化石における古生物学、地質学、考古学的の意義に関する文章を発表しました。また、日本人学者の鹿間時夫、大塚裕之、馬場悠男らも人並対発現的 頭蓋骨の化石に対する体質人類学に則った解剖や研究を行いました。これらの研究や関連する旧石器時代の考古学上の発現(長浜文化など)は世界的に重視され、台湾で旧石器時代に人類が活動していたことを証明するものとなりました。