選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

苗栗陶_蓮葉茶具セット

苗栗陶_蓮葉茶具セット

20世紀初頭

本茶具セットは、日本統治時代に「北投陶」と並び称された「苗栗陶」の重要な代表作です。苗栗の陶業は、19世紀末に日本人によって導入され、その後、福州と苗栗地元の技師が結びつき、苗栗の陶業を打ち立てました。本茶具のセットは、型で圧した胚を成形し、手作業でパーツを貼って装飾しており、セットには急須一つ、茶盤一つ、湯飲み五つ、茶則一つの八点が含まれます。どでも蓮の葉の装飾が施され、茶盤の縁には二匹のカエルが蹲っており、茶盤と急須の蓋の裏側には「苗栗」の印が刻まれています。釉の色合いも内外で異なり、外側は黒っぽく照りのない赤鉄色、内側は光沢のあるオリーブグリーの釉がかけられています。これは日本統治時代の「苗栗陶」の代表作で、年代は20世紀の前期です。

人類学

苗栗陶_蓮葉茶具セット

苗栗陶_蓮葉茶具セット

20世紀初頭

本茶具セットは、日本統治時代に「北投陶」と並び称された「苗栗陶」の重要な代表作です。苗栗の陶業は、19世紀末に日本人によって導入され、その後、福州と苗栗地元の技師が結びつき、苗栗の陶業を打ち立てました。本茶具のセットは、型で圧した胚を成形し、手作業でパーツを貼って装飾しており、セットには急須一つ、茶盤一つ、湯飲み五つ、茶則一つの八点が含まれます。どでも蓮の葉の装飾が施され、茶盤の縁には二匹のカエルが蹲っており、茶盤と急須の蓋の裏側には「苗栗」の印が刻まれています。釉の色合いも内外で異なり、外側は黒っぽく照りのない赤鉄色、内側は光沢のあるオリーブグリーの釉がかけられています。これは日本統治時代の「苗栗陶」の代表作で、年代は20世紀の前期です。