選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

台湾の史前巨獣象牙化石

台湾の史前巨獣象牙化石

台湾の第四紀更新世で発見された大型動物の化石は、左鎮動物群と澎湖動物群の二つに分かれ、それぞれ台南県左鎮菜寮渓(新化丘陵区) と澎湖水道中で発現されました。この二つの動物群からは、いずれも古い象の化石が発見されています。台南左鎮からはステゴドンやマンモスなどの化石が、澎湖水道からはナウマンゾウの化石がそれぞれ発見されました。これらの化石には頭蓋骨、顎骨、象牙、臼歯、脊椎骨、寛骨、腿骨などが含まれます。化石の数量は牙や歯のものが最も多く、次いで四肢骨、脊椎骨が続きますが、数量はそれほど多くありません。牙と歯槽が揃った標本は多く、同時に歯の破片もかなりの数が出土しています。

地学

台湾の史前巨獣象牙化石

台湾の史前巨獣象牙化石

台湾の第四紀更新世で発見された大型動物の化石は、左鎮動物群と澎湖動物群の二つに分かれ、それぞれ台南県左鎮菜寮渓(新化丘陵区) と澎湖水道中で発現されました。この二つの動物群からは、いずれも古い象の化石が発見されています。台南左鎮からはステゴドンやマンモスなどの化石が、澎湖水道からはナウマンゾウの化石がそれぞれ発見されました。これらの化石には頭蓋骨、顎骨、象牙、臼歯、脊椎骨、寛骨、腿骨などが含まれます。化石の数量は牙や歯のものが最も多く、次いで四肢骨、脊椎骨が続きますが、数量はそれほど多くありません。牙と歯槽が揃った標本は多く、同時に歯の破片もかなりの数が出土しています。