選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

台湾にもサイがいた¬中国サイ早坂氏亜種

台湾にもサイがいた¬中国サイ早坂氏亜種

中国サイ早坂氏亜種(早坂サイ)の化石の発現は、1930年代に当時台北帝国大学(台湾大学の前身)の地質学教授だった早坂一郎が、台南新化左鎮の菜寮渓一帯で発現された大型哺乳動物の化石がサイの化石である可能性を指摘したことに遡ります。台湾省立博物館は、1971年12月にワークチームを結成し、林朝棨教授の指導のもと台南左鎮でサイの化石を発掘しました。1972年、博物館は二人の日本の古生物学者—鹿間時夫教授と大塚裕之教授を招いて、二回目の発掘を行いました。大塚裕之教授と林朝棨教授は1984年、台湾の古生物研究に貢献した早坂一郎教授を記念するため、このサイの化石を中国サイ早坂氏亜種(Rhinoceros sinensis hayasakai)と名づけました。

地学

台湾にもサイがいた¬中国サイ早坂氏亜種

台湾にもサイがいた¬中国サイ早坂氏亜種

中国サイ早坂氏亜種(早坂サイ)の化石の発現は、1930年代に当時台北帝国大学(台湾大学の前身)の地質学教授だった早坂一郎が、台南新化左鎮の菜寮渓一帯で発現された大型哺乳動物の化石がサイの化石である可能性を指摘したことに遡ります。台湾省立博物館は、1971年12月にワークチームを結成し、林朝棨教授の指導のもと台南左鎮でサイの化石を発掘しました。1972年、博物館は二人の日本の古生物学者—鹿間時夫教授と大塚裕之教授を招いて、二回目の発掘を行いました。大塚裕之教授と林朝棨教授は1984年、台湾の古生物研究に貢献した早坂一郎教授を記念するため、このサイの化石を中国サイ早坂氏亜種(Rhinoceros sinensis hayasakai)と名づけました。