選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

グランディスオオクワガタ

グランディスオオクワガタ

Dorcus formosanus  Miwa,1929

個体の体型の大小の差が大きく、オスは 2.4~7.8 cm、メスは 3.3~4.7 cmです。頭部の前端には大きな顎があり、付け根にも突起があります。大きな顎の重厚さが、本種の主な特徵です。前胸板には弧状のくぼみがあり、鞘翅には縦の模様が入っています。前脚の脛節はノコギリ状になっていますが、後脚には棘がありません。

成虫は4~8月に出没し、樹液を食糧としています。強い趨光性があり、いつも街路灯の下に集まります。幼虫は殼斗科植物の朽木を食べ、俗に鶏母虫と呼ばれています。台湾固有種で、 海抜200~2000mの山地の広葉林と針闊混合林の間に広く分布しています。かつては北部の烏来、拉拉山、北横公路の沿線、尖石、観霧、中部の鞍馬山、松崗、霧社、奧万大、日月潭、南部の六亀、藤枝、墾丁、南横公路の沿線などでも見られました。

グランディスオオクワガタは、その体型が他のクワガタよりも大きいことから、ペット市場の人気者です。保護動物に指定されていますが、密売が横行しています。数が少ない上に乱獲が深刻であることから、危機的な状況に瀕しています。

動物学

グランディスオオクワガタ

グランディスオオクワガタ

Dorcus formosanus  Miwa,1929

個体の体型の大小の差が大きく、オスは 2.4~7.8 cm、メスは 3.3~4.7 cmです。頭部の前端には大きな顎があり、付け根にも突起があります。大きな顎の重厚さが、本種の主な特徵です。前胸板には弧状のくぼみがあり、鞘翅には縦の模様が入っています。前脚の脛節はノコギリ状になっていますが、後脚には棘がありません。

成虫は4~8月に出没し、樹液を食糧としています。強い趨光性があり、いつも街路灯の下に集まります。幼虫は殼斗科植物の朽木を食べ、俗に鶏母虫と呼ばれています。台湾固有種で、 海抜200~2000mの山地の広葉林と針闊混合林の間に広く分布しています。かつては北部の烏来、拉拉山、北横公路の沿線、尖石、観霧、中部の鞍馬山、松崗、霧社、奧万大、日月潭、南部の六亀、藤枝、墾丁、南横公路の沿線などでも見られました。

グランディスオオクワガタは、その体型が他のクワガタよりも大きいことから、ペット市場の人気者です。保護動物に指定されていますが、密売が横行しています。数が少ない上に乱獲が深刻であることから、危機的な状況に瀕しています。