選り抜きの収蔵品
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

選り抜きの収蔵品

ラフレシア

ラフレシア

Rafflesia arnoldii   R. Br.

世界最大の花
ラフレシアは大花草とも呼ばれ、ボルネオとスマトラに分布しています。通常はブドウ科の植物の根に寄生し、根や茎、葉などどの器官がほとんど目立ちません。真菌のように寄生する植物から水分と養分を吸収し、開花するときにだけその姿を目にすることができます。開花する時は、地面のブドウ科植物の根から芽を出し、それが褐色のキャベツのように次第に大きくなり、数日後に開花します。これまでの記録で最大の花は直径100 ㎝、重さ11㎏に達し、開花する時に異臭を放ち、腐敗臭を好む昆虫を引き寄せて花粉を運ばせます。

この標本は、インドネシアのスマトラ島で採取さられ、収蔵と展示用の原色標本です。生き生きとした姿は、まるで原始の熱帯雨林の中のようです。

植物学

ラフレシア

ラフレシア

Rafflesia arnoldii   R. Br.

世界最大の花
ラフレシアは大花草とも呼ばれ、ボルネオとスマトラに分布しています。通常はブドウ科の植物の根に寄生し、根や茎、葉などどの器官がほとんど目立ちません。真菌のように寄生する植物から水分と養分を吸収し、開花するときにだけその姿を目にすることができます。開花する時は、地面のブドウ科植物の根から芽を出し、それが褐色のキャベツのように次第に大きくなり、数日後に開花します。これまでの記録で最大の花は直径100 ㎝、重さ11㎏に達し、開花する時に異臭を放ち、腐敗臭を好む昆虫を引き寄せて花粉を運ばせます。

この標本は、インドネシアのスマトラ島で採取さられ、収蔵と展示用の原色標本です。生き生きとした姿は、まるで原始の熱帯雨林の中のようです。