保守とデジタル化
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

保守とデジタル化

* 近年来、台湾博物館はコレクションにおける「文物の保存と保守」と「デジタル化」の業務を積極的に推進しています。2003年に設立された「修復工作室」は、現代の文物保存における専門的な方式でコレクションの保守と修復煮を行っています。このほかに、各種標本、文物を持続的に整理するとともに、コレクションのデジタル化の業務も進めています。現在、台湾博物館は「国立台湾博物館コレクション管理情報システム」を設置し、自然史の知識ベースの管理プラットホームを打ち立てることを目標としています。コレクションのデジタル化は、效率的な標本管理のほかに、国内外の利用者に対する利便性を向上させ、展示スペースや展示期間の不足を解決し、より多く人々がコレクションに触れることができるようにします。

**

文化部の全面的な支持のもとに設けられた「国立台湾博物館典コレクション理情報システム」には「コレクション管理情報システム」と「デジタル博物館知識管理システム」の二つが含まれ、自然史の知識ベース管理プラットホームを構築することで、研究、コレクション、教育を統合し、関連情報のサーチが可能なデジタル化知識ベースを提供します。


:::

コレクション管理システム

電子メールでのお問い合わせ:ychsu@ntm.gov.tw

さらに詳しく

紙の文物の修復