研究
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール:

研究

*

人類が台湾というこの島嶼で暮らした歴史は数万年にすぎませんが、豊かで多様なエスニックの現象と文化の伝統を創造しました。台湾博物館の人類学部門の収蔵と研究は、台湾島で発生した「人類の物語」を反映しています。

多くの古い文明国に比べ、台湾島における人類の歴史は長くはないものの、かなり頻繁なエスニック間の相互関係と文化の接触がありました。人類学部門には、現在4万点以上のコレクションがあり、そのなかには複雑な先住民の歴史を記録したものが少なくありません。台湾で最も古い人類「左鎮人」の化石や、台湾北部の新石器時代における農業伝統の代表的な文化の一つ「円山文化」の遺物などは、台湾の史前時期の重要なコレクションです。

*

台湾の先住民族は台湾の豊富な文化の特色を語る上で最も代表的で、当館でも最も貴重なコレクションの特色でもあります。7000点以上のコレクションは、20世紀の台湾原住民の文化財を含み、台湾で最初に整った原住民文化財のコレクションであるととともに、更に具体的に台湾原住民の豊かなで多様な伝統文化を反映したものとなっています。

歴史時代に入った台湾は、各エスニック間の交流が依然頻繁に行われ、17世紀からオランダ人、スペイン人、漢民族が前後して台湾に訪れ、彼らが残した歴史の足跡は本館のコレクションを通じて見ることができます。代表的なコレクションは、鄭成功の生前に描かれた「鄭成功絵像」、18世紀初頭の清朝統治時代の台湾の様子を描き出した掛け軸「康熙台湾輿図」、19世紀末の台湾住民の抗日運動のシンボルとなった「台湾民主国旗・藍地黄虎旗」などがあります

*

1945年後、コレクションの範囲は華南と台湾地区の漢人の民俗器物などに拡大しました。1950年代以降、それに北米のネイティブ・アメリカンの器物、中部の平埔族「岸裡社」の古文書などが加わったほか、さらに日本統治時代の東南アジアや大洋洲の民族学の器物も加わり、今日の台湾博物館人類学部門の多様で複雑なコレクションが構成されました。これも台湾という土地における人類の活動のプロセスを代表しています。


*

1968年に基隆外海で「五億年の活きた化石」と呼ばれる龍宮翁戎螺(リュウグウオキナエビス)が発見されたことで、台湾では貝類の研究がブームとなりました。1970年に劉衍元館長の提案を受け、台湾博物館に中華民国貝類学会が設立され、当時の台湾貝類学の研究拠点として国際貝類学界の重視と評価を集めました。

* また、1971年に台南左鎮の菜寮渓で化石の破片が発見されたことを受け、本館は古代生物調査隊を派遣し、菜寮渓の河辺から数多くのサイの骨の化石を発掘しました。鑑定の結果、この化石は中国サイ早坂氏亜種(早坂サイ)であることがわかりました。この発見は、台湾地区の自然史研究において古生物学の貴重な証拠を提供したことになります。

*

地学部門のコレクションは、主に魚類、貝類、化石類及び鉱石類などの四種類に分かれます。魚類と貝類の標本の量はかなり多く、特に台湾地区で出土した魚類と貝類の標本に特色があり、学術上重要なものです。主な化石類の標本は澎湖海溝で獲れた大型哺乳類の化石と台南県左鎮郷菜寮渓で発掘された化石が中心です、これらの標本は、第四紀から月日を経るなかで、台湾の環境が劇的に変遷した証拠です。鉱石類のコレクションでは、世界でも珍しい北投石と澎湖文石などの標本があります。


*

生物の多様性とは、陸生、海洋とその他の水生生態系など、すべての生態系中の活生物体の変異性を指すもので、遺伝、個体、族群、物種、群集、生態系から地理景観など各種レベルの生命の型式を含んでいます。基本的に遺伝の多様性、物種の多様性、そして生態系の多様性に分類できます。

台湾の地理面積は約三万六千平方kmですが、この島は多様な自然環境、地形、気候および植物を有しています。これら豊かな自然環境は多様な生態形を形成し、複雑で多様な生物資源を生み出しており、台湾は生物の種の多様性で世界的に有名になりました。このように多種多様な台湾の生物の中で、特有種や特有亜種の動植物の割合はかなり高い比率に達しています。

*

台湾博物館は、1908年の創設段階で「動物部」を成立させ、台湾の動物に対する研究、収蔵、展示、教育などの任務に着手しました。今日,動物学の研究方向は動物資源の調査と生物の多様性を志向しており、研究対象は台湾固有の動物が中心で、副次的にそのほかの動物も研究しています。

動物学部門のコレクションは哺乳類、鳥類、両棲類、爬虫類、甲殻類、昆虫類、植物類などの七種で、このうちを昆虫類のコレクションが最も多く、鳥類や哺乳動物類のコレクションに最も特色があります。これらの動物の標本のなかには、絶滅に瀕した動物の者も多く、ウンピョウやチュウゴクカワウソ、ミカドキジ、サンケイ、フトオアゲはなどが含まれます。これらの標本は、台湾の生物の多様性や動物相の研究の面において、重要な学術的な価値を有しています。

*

「植物部」も1908年に設置され、初代館長の川上瀧彌と館員の島田彌市、佐々木舜一、小西成章、森丑之助らが台湾の植物の調査に尽力し、台湾の植物の多様性に関する基本的な青写真がここに出来上がり、これらは植物採集者に大きく貢献するものでした。台湾の祖国復帰後、陳兼善館長が植物学者の劉棠瑞氏に来館を強く要請し、劉氏は後に後進の育成にもあたり、廖日京教授、黄增泉教授ら台湾植物学界を煮立つ学者を指導しました。台湾の植物の多様性に関する研究は、台湾博物館が源だったと言えます。

館の植物学の研究分野は、伝統分野の維管束植物(ワラビ類と開花植物)以外に、藻類(海草や微生藻類も含む)の研究も重要な方向です。特にマメ科、キク科植物、ワラビ類植物、海藻類と微細藻類についての捜査、採集及び鑑定が更に深く研究されています。このほかに、植物の研究に有益であることから、多くの自然史博物館において植物標本館が設けられていますが、台湾博物館の植物標本館は、 Herbarium of Taiwan Museum(コードTAIM)で、世界標本館のインデックス(Index Herbarirum)に登録されています。

植物学の分野におけるコレクションは、維管束植物、コケ類植物、藻類(海藻と微細藻)が中心で、標本の類型は乾燥した標本とスライド標本などが中心です。そのうち、コケ植物の標本の多くは、台湾のコケ植物研究の先駆者である王忠魁教授、賴明洲教授、林善雄教授が採集したものです。海藻の標本は最近の研究の成果で、その中には新たに記録された種も多く含まれます。


歴史とエスニック
地史と鉱物
生物の多様性