土銀展示館

常設展 展示情報

古蹟修復室

古蹟修復室**

一階, 生命の多様性 Location

土銀展示館

日本統治時代の勧業銀行台北支店から土地銀行総行、そして台北市定古蹟まで、この古蹟建築は台湾金融機構の歴史の発展を見つめ続けており、建築自体の建築技術、スタイルや風格,台湾建築史の面でも重要な建物です。国立台湾博物館は、古蹟修復のプロセスを詳細に渡って記録してきました。さらに一部の建築物と修復現場を本展示エリアの一部として取り込むことで、実物展示の方法に映像やインタビューなどの補助的手段を加えることで、参観者が文化資産に触れ、古蹟保存のプロセスと意義を理解できるようにしています。
 
このエリアの展示は、主に土地銀行展示館の建築形式と特色を紹介しています。その重点は、当年の建築技術と修復にあたっての工法を再現することにあり、特にホールの天井のモルタルを修復するプロセスでは、日本の左官職人の古蹟修復に際しての経験を参考にし、現地の職人と研究討論と交流の場を持ちました。本展では修復技術と経験の詳細な記録を後世に伝承することで、台湾の古蹟修復史上の里程標を打ち立てたいと考えています。

写真

:::
古蹟修復室
Share:
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール: