南門パーク

常設展 展示情報

南門の童話-眠れる古いクスノキ

南門の童話-眠れる古いクスノキ

紅楼二階 Location

南門パーク

本展は絵本の物語やゲーム、3Dアートや五感の体験など多元的な方法を通じて、子どもたちに南門パークにおける動植物の生態を紹介しています。展示場は、主に3Dアートを活用してクスノキ王国の雰囲気をかもし出すとともに、クスノキの植物生態やクスノキの香りに満ちた昆虫の生態を紹介しています。アオスジアゲハ、クスノキハチ、アオカレハのほかに、絵本の物語を通じて,カササギ、ゴシキドリ、ヒメメジロ、クロヒヨドリ、ゴイサギなど、クスノキ王国の動物たちが、南門パークの生態の多様性を紹介するとともに、人と大地の関係についても教えてくれます。

「眠れる古いクスノキ国王」では3~10歳の子どもたちを対象とした展示を通じて、幻想的な3Dマジックの世界を演出して、皆様のお越しをお待ちしています。

一、 「絵本の物語」を通じて、子どもたちを南門パークの動植物の生態の世界に案内します。
物語のあらすじ
地球上の空気や水はますます汚染され、陽光も厚い灰にさえぎられるようになりました。古いクスノキ国王は次第に魔法の力を失い、眠りの世界に入ってしまいました。王さまの樹幹は真っ白になってしまい、葉っぱの緑も失われ、花を開き実を結ぶこともなくなりました。元々王さまに寄り添って生活していた小さな生命も一つずつ失われてゆき、伝説中の五つの魔法の石だけが、眠れる古いクスノキ国王を呼び覚ますことができると伝えられました。そして五種の鳥だけが、この魔法の石の行方と、どうすれば魔法の石を使って古いクスノキ国王を眠りから覚ますことができるかを知っているのでした。

二、 ゲームを通じて、カササギ、ゴシキドリ、ヒメメジロ、クロヒヨドリ、ゴイサギが参観者を南門パークにおける生態の多様性を紹介し、人と大地の環境についても教えてくれます。
1. 「葉っぱクルクル」ゲーム:
クルクル回してみましょう。赤い葉っぱが緑色になります。古いクスノキ国王が目を覚ますと、何種類の鳥の歌声が聞こえますか?
2. 「虫といっしょに」ゲーム:
クスノキハチ、アオスジアゲハとアオカレハからはクスノキのにおいがします。それは幼いころから、クスノキの葉っぱを食べで大きくなったからです。トライしてみましょう。小さい頃、どんな姿をしていたのでしょうか。
3. 「五色の魔法の石」ゲーム:
ゴシキドリ、ゴイサギ、クロヒヨドリ、ヒメメジロ、カササギの鳥たちが、人と大地の環境の秘密を教えてくれます。古いクスノキ国王の目を覚まさせましょう。どんな秘密が隠されているのでしょうか?

三、 「芸術」の体験を通じて、子どもたちの想像力を啓発します。
3Dアートの作品を通じて、子どもたちを古いクスノキ国王のマジカル森林にいざないます。横になって、仰向きになって、うつ伏せになって、座って、逆立ちして…,どんな世界が見えるでしょうか?

「眠れる古いクスノキ国王」では3~10歳の子どもたちを対象とした展示を通じて、幻想的な3Dマジックの世界を演出して、皆様のお越しをお待ちしています。

:::
南門の童話-眠れる古いクスノキ
Share:
  • 自分の氏名:
  • 友だちの氏名:
  • メッセージ:
  • 電子メール: